ABテストのポイント

ABテストは非常に簡単です。ですが、要点を抑えておかなければ、efoサービスとしても有効にはなりません。なぜならば、どうしても陥りやすい罠があるからです。

パソコンABテストは、それぞれの要素の違いを見ていかなければ意味がありません。テストの途中で気が付いても、その違いがあいまいなままでは、結果もあいまいで分析が困難となります。なんとなく2つの要素を取り入れても、一体何が作用して差が出たのかが分析できません。つまり、テストの前の段階で、要素をはっきりさせて投入しなければいけないことを意味しています

テストするユーザーの要件に関しても明確にする必要があるでしょう。簡単なところとしては、新規ユーザーとリピーターの違いです。新規ユーザーは、まったく慣れていない、知らない状態で入力フォームを利用します。ところが、リピーターには経験が存在しているところが重要です。新規ユーザーは、これまでの経験がないため、古いフォームと比較はしません。ところが、リピーターは過去の経験と照らし合わせて利用しやすいかどうかを判断します。こうした属性の差も気をつけておかなければ、正確なデータにはならないため、十分な注意預と予測が必要です。

ABテストの有効性

パソコンそもそもABテストとは何かといえば、2つのパターンをテストするという意味があります。efoサービスの機能のひとつですが、特定の期間を設定して、2つのパターンの入力フォームをテストする機能です。効果の高さを測定することができるだけではなく、機能の検証にも役立ちます。結果として、最適な方法を見つけ出すことができ、結果として導き出せるようになってくるでしょう。なんとなく投入するのではなく、実際に効果をあげた方法を投入できるのは大きなメリットにつながります。

やり方としては何も難しくありません。2つのパターンを用意して、実験をしていくだけだからです。これをefoサービスの機能として組み込んでいくだけですので、簡単に利用もできるようになっています。

2つのパターンで定義していますが、もっと多くのパターンを組み合わせることも可能です。その中で、本当にコンバージョン率を向上できたものは何か、その差はどこにあるのかを知ることによって、限りなく正確な方向性を模索できるようになるでしょう。費用対効果を高めることができますし、なによりも無駄な時間を使わないで済みます。テスト期間を過ぎれば有効性を判断できるのですから、手軽な検証方法といえるでしょう。

最適化すること

キーボードefoサービスを利用すると、最適化を図っていくことになります。入力フォームでよくありますが、あとから管理することを考えても、半角で入力してもらいたい項目があるものです。ですが、いくら注意書きを入れても全角で入力されてしまうことがあるでしょう。これは、管理側のエゴの表れであり、利用者側からすれば、ストレス以外の何物でもありません。変換ミスを誘発させる要因にもなります。ならば、どんな入力をされても、半角に変換してしまえば、そもそも問題もありませんし、エラーも吐き出さないでしょう。ユーザーにも負担を掛けず、ストレスを感じさせないのですから、離脱は少なくなります。非常に単純な理論です。

郵便番号でも同様ですが、入力を確認したら、自動で住所の市区町村までを補完する機能はよく使われるようになりました。入力するだけでも面倒なのですから、ユーザーの気持ちをとらえた機能ともいえるでしょう。

こうした機能はいろいろとあります。しかし、製作した側と利用するユーザーの利便性が一致するとは限りません。これはサイトにくる属性によっても異なる面を持っています。そのため実際の測定が必要になってくるため、ABテスト機能が重要になってくるのです。

efoサービスとは

efoサービスは、Webマーケティングにおいて重要性を高めてきているサービスです。efoは入力フォームを最適化するという意味がありますが、このサービスを利用していくことで、どんどんと改善ができるようになっていきます。これが驚くほどのメリットを生み出すのですから、注目していく必要があるでしょう。

インターネットを活用して製品やサービスを利用するのは、一般顧客だけではなく、起業でも活用されてきています。購入の際には、必ず入力フォームを利用することになりますが、問題はここです。入力フォームに入力された情報は、企業にとって重要ですが、到達した段階で離脱してしまうユーザーが多数いることに目をつけなければいけません。その離脱量は6割にも達するといわれており、ここで落ちたユーザーをどれだけ拾えるかが、マーケティングとして大きなポイントになってきています。

電球なぜ入力フォームから離脱してしまうユーザーが多いのかといえば、さまざまな要因があることは間違いありません。そこで、さまざまな施策を施し、対策を売っていく必要が出てきます。入力フォームを最適化することになっていきますが、これをサービスとしているのがefoサービスといえるでしょう。

efoサービスにはいろいろなものがあります。離脱していくには多くの問題を抱えているからです。なぜ離脱しているのかを検証して対策をしていくことになりますが、個別で抱えている要件もあり、常に一定の方法が生きるわけではないことを理解するとさまざまな機能を生かせるようになります。多くの情報がありますので、参考にしながら対策を講じてみてはいかがでしょうか。